漢字

預金・貯金・貯蓄の違い・意味と使い分け【金利が高いのはどれ?】

預金・貯金・貯蓄

「預金」「貯金」「貯蓄」。

どれもお金を貯めることを意味する言葉のように思いますが、実は預け先や内容が微妙に違うのです。

この記事では、似ているようで実は違う「預金」「貯金」「貯蓄」の違い・意味と使い分けについてまとめました。

預金とは?

「預金」とは、金融機関にお金を預けることです。

金融機関とは、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫のことです。

歴史的に、銀行は個人ではなく企業のお金を扱うことが多かったため、お金を貯める「貯金」ではなく、お金を預かる「預金」という言葉が使われるようになった、という説があります。

また、英語の「deposit」の日本語訳が語源だ、という説もあります。

  • バブルの頃は、銀行に預金するとものすごい利子がついたらしい。

貯金とは?

「貯金」は、もともと「お金を貯める」という意味です。

「預金」に対する言葉として使う場合は、郵便局のゆうちょ銀行、農業協同組合(農協)、漁業協同組合(漁協)にお金を預けることをいいます。

銀行とは異なり、郵便局などは個人のお金を扱うことが多かったので「お金を貯める=貯金」という言葉が使われるようになったとされています。

ちなみに、英語の「saving」が語源だといわれています。

なお、貯金は「お金を貯める」ことが主目的なので、子供がお小遣いを貯めておくような場合も使うことができます。

  • お年玉は、全部郵便局で貯金している。
  • お札の入る貯金箱が欲しい。

貯蓄とは?

貯蓄は「財を蓄えること」ですが、金融資産全般のことを指します。

預金や貯金のほか、保険や株式、金など現金化しやすいものはすべて含まれます。

ただし、土地や建物など、現金化しにくいものは貯蓄に含まれません。

  • 将来に備えて貯蓄していたが、インフレで価値が目減りしてしまった。

預金・貯金・貯蓄の違い

「貯金」は、ゆうちょ銀行・農協・漁協にお金を預けること。

「預金」は、それ以外の金融機関にお金を預けること。

「貯蓄」は、預金・貯金を含む金融資産全般のことです。

ただし、「貯金」は、個人がお金を手元に置き、使わずに貯めておく場合にも使うことがあります。

つまり、「貯蓄=預金+貯金+その他の金融資産」ということになります。

まとめ

まとめ
  • 預金は、ゆうちょ銀行・農協・漁協以外の金融機関にお金を預けること。
  • 貯金は、ゆうちょ銀行・農協・漁協にお金を預けること。または、個人が手元でお金を貯めること。
  • 貯蓄は、現金化しやすい金融資産全般のこと。

ちなみに、2020年4月現在の普通貯金の金利は、0.001%程度です。

普通預金の金利は銀行によってかなり違いますが、ネット銀行では0.20%というところもあります。

金利が200倍も違うので、預け先は慎重に決めたいですね。