漢字

柔らかいと軟らかいの違い・意味と使い分け

柔らかい・軟らかい

「柔らかい」と「軟らかい」。

辞書によっては同一の言葉として扱われていることもあるので、違いがよくわからないという人も多いでしょう。

しかし、物の状態をあらわす言葉として使う場合、この二つには明確違いがあるのです。

そこでこの記事では、意外と知らない「柔らかい」と「軟らかい」の違いについてまとめました。

柔らかいの意味・使い方

「柔らかい」には、「ふっくらとしている・しなやかである・穏やかである」という意味があります。

これだけだとよくわかりませんが、「力を加えても元に戻る・しなやかな強さがある」ことをあらわす言葉です。

ソフトテニスのボールのような感じを思い浮かべると、わかりやすいかもしれません。

また、「堅苦しくない・融通が利く」という意味でも使われます。

例:赤ちゃんの頬は柔らかい。

例:柳の枝は柔らかくしなる。

例:彼はいつも柔らかい表情をしている。

例:彼は頭が柔らかい。

軟らかいの意味・使い方

「軟らかい」には「手ごたえがない・弱々しい」という意味があります。

また、「ぐにゃぐにゃして手ごたえがないもの」とも言い換えることができます。

こちらは、力を加えたあと元に戻らない空気の抜けたゴムボールのような感じといえます。

例:豚肉を長時間煮込んで軟らかくした。

例:軟らかいぬかるみに足をとられて転んだ。

例:タコの体は軟らかい。

柔らかいと軟らかいの違い

「柔らかい」は、しなやかで強く、ふわふわしているけれど張りのある状態をいいます。

一方で、「軟らかい」は、ぐにゃぐにゃとしていて弱々しく、手ごたえがとぼしい状態をいいます。

ただし、「柔らかい」と「軟らかい」を同一の言葉として扱っている辞書も少なからずあるので、厳密な使い分けに関するルールがあるわけではないようです。

どうしても使い分けたいという場合には、対義語から考えるのがおすすめです。

「柔」の対義語は「剛(強く勇ましい様)」、「軟」の対義語は「硬(丈夫で形が変わりにくいこと・ぎこちない様)」なので、覚えておきましょう。

まとめ

まとめ
  • 柔らかいは、しなやかで強い様子。対義語は「剛」。
  • 軟らかいは、手ごたえがなく弱々しい様子。対義語は「硬」。

物の性情をあらわす場合に、「柔らかい」と「軟らかい」を使い分けるのはそれほど難しいことではないと思われます。

しかしそれ以外の場面で使い分けに迷ったら、一般的に使われることが多い「柔らかい」を使うか、対義語を考えるようにしましょう。