日本語

賞味期限と消費期限の違いって何?日数や表示年月に差はあるの?

賞味期限・消費期限

冷蔵庫の中身をチェックしていて、期限切れのものがあると残念な気分になりますよね。

ところで、食品の期限には「賞味期限」と「消費期限」の2種類がありますが、この違いって何なのでしょう?

期限が切れたら食べられないのはどちらでしょうか?

この記事では、食品ロスの軽減にも役立つかもしれない食品の「期限」について調べました。

賞味期限とは?

賞味期限とは「適切な保存方法を守った場合において、品質が保持されて食品のおいしさが維持される期限」のことです。

つまり、賞味期限は「食品をおいしく食べることができる目安の期限」といえます。

期限が切れても味や風味が落ちるだけで、即食べられなくなるわけではありません。

賞味期限は、比較的劣化しにくく、5日以上の長期保存が可能な商品に表示されています。

なお、製造日から賞味期限までの期間が3ヶ月未満の場合は「年月日」で期限が表示されますが、3ヶ月以上の場合は「年月」のみの表示でも良いとされています。

たとえば、納豆や卵などの賞味期限は10日~2週間程度ですが、カップ麺やスナック菓子は数ヶ月、缶詰などは数年となっています。

また、品質の劣化が生じにくいもの(砂糖・アイスクリーム・食塩など)は、期限表示を省略しても良いとされています。

消費期限とは?

消費期限は「適切な保存方法を守った場合において、食品の安全性が保たれる期限」です。

こちらは「食品を安全に食べることができる期限」といえます。

期限が切れると腐敗や劣化のおそれが高いので、食べないようにしましょう。

消費期限は、製造日から5日以内に品質の劣化が急激に進むものに表示されます。

例としては、お弁当や惣菜、食肉、生菓子などがあります。

賞味期限と消費期限の違い

  • 賞味期限は「食品をおいしく食べることができる期間」
  • 消費期限は「食品を安全に食べることができる期限」

賞味期限が切れても即食べられなくなるわけではありませんが、消費期限が切れたものは著しく劣化している可能性があるので、食べないようにしましょう。

なお、賞味期限は製造日から5日以上の保存ができる食品に表示されますが、消費期限は製造日から5日以内に食品の劣化が急激に進むものに表示されます。

まとめ

まとめ
  • 賞味期限は、食品をおいしく食べることができる期限。賞味期限が切れても食べることができないわけではない。製造日から5日以上保存できるものに表示される。3ヶ月以上期限があるものは、「年月」の表示のみで可。
  • 消費期限は、食品を安全に食べることができる期限。消費期限が切れたら、食べないほうが良い。製造日から5日以内に品質の劣化が急激に進むものに表示される。

なお、賞味期限も消費期限も、保管方法に従い未開封の場合の期限です。

保管方法を守っていない場合や開封後は期限内でも劣化が進む可能性があるので、注意しましょう。