日本語

ごめんなさい・すみません・申し訳ありませんの違いと使い分け

ごめんなさい・すみません・申し訳ありません

日本語には、謝罪の気持ちを伝える言葉がいくつかあります。

普段何気なく使っていることが多いと思いますが、それぞれ微妙にニュアンスが違うことをご存知でしょうか。

この記事では使い分けると非常にスマートなごめんなさい・すみません・申し訳ありませんの違いについて解説します。

ごめんなさいの意味・使い方

ごめんなさいは「御免」、つまり「罪を免じてほしい」という言葉の丁寧語です。

日常的に謝罪の言葉として使われることが多いですが、厳密には「自分に非があることはわかっているけれど、許してほしい」という意味になってしまうので、ビジネスシーンで使うのはNGとされることが多いです。

だからといって、幼い子供が「ごめんなさい」と謝った時に「本当に自分が悪いってわかっているの?」と詰め寄るのは、大人気ないのでやめましょう。

例:不注意で花瓶を壊してしまって、ごめんなさい。

例:「ごめんなさい」と言われても、不倫を許すことはできない。

すみませんの意味・使い方

すみませんは「済まない」の丁寧語で、「人に対して義理が立たない」という意味を持ちます。

許しを求めているのではなく、反省や謝罪を表しているといえますね。

比較的軽いミスの場合や、ミスというほどではなくても相手に迷惑や不快感を与えるような時に使われることが多いです。

なお、「すみません」は謝罪の気持ちを表す場合だけでなく、お礼を言う場合、お願いをする場合にも使われます。

例:(満員電車で足を踏んでしまって)すみません。

例:すみません、売り切れです。

申し訳ありませんの意味・使い方

申し訳ありませんは「申し訳ない」の丁寧語で、「申し訳(言い訳)」+「ありません(できない)」、つまり「言い訳できません」という意味になります。

「ごめんなさい」や「すみません」より丁寧な言葉とされ、重大なミスを犯した場合や、目上の人・得意先などに謝罪の気持ちを伝える時に使うことが多いです。

例:弊社のミスです!申し訳ありません。

例:時間を間違えていました。申し訳ありません。

ごめんなさい・すみません・申し訳ありませんの違い

謝罪の気持ちが強く伝わるのは「申し訳ありません>すみません>ごめんなさい」の順です。

逆に、カジュアルなのは「ごめんなさい>すみません>申し訳ありません」の順になります。

家族や親しい友人に謝る場合は「すみません」「申し訳ありません」だと堅苦しい感じがするので、「ごめんなさい」の方が良いでしょう。

一方で、ビジネスシーンでは「申し訳ありません」を使った方が無難です。

日常生活で、枕詞的に使う場合には「すみません」で十分な場合がほとんどです。

まとめ

まとめ
  • ごめんなさいは「許してください」という意味を持つ。カジュアルな言葉。
  • すみませんは「義理が立たない」という意味を持つ。軽微なミスや日常生活で相手を思いやる際に使う言葉。
  • 申し訳ありませんは「言い訳ができない」という意味を持つ。謝罪の気持ちをしっかり伝えたい場合に使う言葉。

謝る際には言葉選びも大切ですが、しっかり気持ちを込めるようにしましょう。