日本語

温度の摂氏・華氏の違い【換算する公式は?】

摂氏 華氏 違い

アメリカなどに旅行へ行った時、天気予報で気温が「100°F」などと表示されていて「え?」と驚いた経験はありませんか。

実は、温度の表示には日本で一般的に使われている「℃」のほか、「°F」で表示されるものがあるのです。

この記事では、海外旅行へ行った時に役立つかもしれない「℃(摂氏)」と「°F(華氏)」の違いについてまとめました。

摂氏とは?

摂氏とは、日本など多くの国で使用されている温度の単位です。

1気圧における水の凝固点を0度、沸点を100度としています。

ちなみに、「摂氏」は考案者であるスウェーデンの科学者セルシウスの名前に由来します。

セルシウスを中国語で書くと「摂爾修斯」になるため、頭文字をとって「摂氏」としているそうです。

華氏とは?

華氏は、アメリカやヨーロッパの一部の国で使われている温度の単位です。

華氏では、水の凝固点を32度、沸点を212度としています。

華氏0度は摂氏約-18度ですが、これは華氏が考案された時代に人間が作り出すことができたもっとも冷たい温度であったといわれています。

また華氏では、健康な人間の体温を96度と設定しています。

「華氏」もまた、考案者であるドイツの物理化学者ファーレンハイトの名前に由来します。

ファーレンハイトは中国語で「華倫海(フアルンハイ)」とされるので、頭文字から「華氏」とされます。

摂氏と華氏の違い

摂氏と華氏はいずれも温度の単位ですが、下表のように1気圧における水の凝固点・沸点が全く違います。

摂氏 華氏
水の凝固点 0℃ 32°F
水の沸点 100℃ 212°F
凝固点と沸点の温度差 100℃ 180°F

水の凝固点が華氏では32度であること、また、摂氏の1度分が華氏の1.8度分に相当することから、

摂氏(℃)=(華氏(°F)-32)/1.8
華氏(°F)=(摂氏(℃)+32)×1.8

という式が導き出されます。

なお、華氏40度は摂氏4.4度なので、気温であれば冬の寒さを感じる温度といえます。

華氏60度だと摂氏15.6度なので、秋冬の過ごしやすい気温と同じくらいです。

華氏80度は摂氏26.7度なので、ちょっと暑いけれどまだ余裕があるレベル。

華氏100度は摂氏37.8度なので、熱中症に注意が必要となってきます。

華氏を摂氏に変換するのは面倒ですが、華氏40度~100度がどのような気候に該当するかを覚えておくと、海外旅行の際に便利です。

まとめ

まとめ
  • 摂氏は、水の凝固点を0度、沸点を100度とする温度の単位。世界中で広く使われている。
  • 華氏は、水の凝固点を32度、沸点を212度とする温度の単位。アメリカなど限られた国や地域で使われている。

温度が華氏で表示されていると混乱しがちですが、計算はそれほど難しくありません。

華氏が使われているエリアへ旅行に行く際には、スマホなどに換算公式を入れておき、ササッと計算しましょう。