日本語

清酒・焼酎・日本酒の違いって何?

清酒・焼酎・日本酒

日本には美味しいお酒がいろいろありますが、種類によって何がどう違うのか、ということまで知らない方も多いと思います。

そこでこの記事では、知るとますます美味しくなる…かもしれない清酒・焼酎・日本酒の違いについて調べてみました。

清酒とは?

清酒とは「澄んだ酒」のことです。

濁っている酒「どぶろく」の対義語といえます。

後から述べますが、清酒は日本酒の一種です。

ただし、酒税法上は「清酒=日本酒」として扱われています。

酒税法第3条第7号によると、清酒は、

次に掲げる酒類でアルコール分が22度未満のものをいう。
イ) 米、米こうじ、水を原料として発酵させて、こしたもの
ロ) 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(米こうじを含む。)の重量の100分の50を超えないものに限る。)
ハ) 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

とされています。

ややこしいので要約すると、「米と米こうじでつくった酒をこしたもので、アルコール分が22度未満のもの」が清酒ということになります。

焼酎とは?

焼酎は「日本古来の蒸留酒」です。

また「焼酎」は、もともと蒸留酒を指す言葉だったそうです。

ちなみに蒸留酒とは、穀類や芋類、糖蜜などをアルコール発酵させてできた液体を蒸留してつくる酒のことです。

ウイスキーやブランデー、ウォッカ、ジン、ラムなども蒸留酒です。

アルコール度数が25%前後と高めなので、飲むときには氷を入れたり、水やお湯、炭酸水や果汁などを加えたりすることが多いです。

なお、焼酎には「甲類」と「乙類」がありますが、これは製法の違いで分けられています。

甲類のほうは無色透明でクセがなく、乙類は個性的な風味を楽しむことができます。

日本酒とは?

 
日本酒は「日本古来の酒。清酒・合成酒・みりんなど」のことです。

料理をよくする方はご存知かもしれませんが、みりんも「日本酒」です。

日本酒は、米からつくる醸造酒です。

醸造酒とは、果物や穀物を原料として、酵母でアルコール発酵させてつくる酒です。

ビールやワインも醸造酒です。

日本酒のアルコール度数は焼酎より低く、一般的に15~16度程度です。

飲み方はストレートで飲むのが一般的ですが、温度によって口当たりや味わい、香りが変わるので、この違いも楽しみの一つです。

清酒・焼酎・日本酒の違い

日本酒は米からつくる醸造酒で、焼酎は穀類や芋類、糖蜜などからつくる蒸留酒です。

清酒は日本酒の一種ですが、酒税法上では日本酒と同義で使われています。

アルコール度数は日本酒のほうが低めです。

日本酒はストレートで飲むことが多いですが、アルコール度数の高い焼酎は薄めて飲むのが一般的です。

まとめ

まとめ
  • 清酒は、澄んでいる日本酒。酒税法上では日本酒と同義。
  • 焼酎は、穀類や芋類、糖蜜などからつくる蒸留酒。アルコール度数が高いので、薄めて飲むことが多い。
  • 日本酒は、米からつくる醸造酒。ストレートで飲むことが多い。

どれも美味しいお酒ですが、飲みすぎないように注意しましょう。