日本語

参列と列席の違い・使い分け 結婚式・葬儀ではどっちを使うのが正しい?

参列 列席 違い

さまざまな式典に参加することを、「参列」あるいは「列席」といいますよね。

どちらも意味はほぼ同じなのですが、この二つは何が違うのでしょう?

使い分けはどのようにすればよいのでしょうか?

この記事では、知っておくと結婚式や葬儀などで恥をかかなくて済む「参列」と「列席」の違いについてまとめました。

参列とは?

「参列」とは「式典や行事などに出席・参加すること」です。

謙譲語である「参る」の「参」の文字を使っていることから、へりくだった表現とされています。

結婚式や葬儀では、主催者に対してゲストや弔問客が使う言葉とされています。

たとえば、結婚式でスピーチを頼まれた場合は、ゲストの一人としてあいさつをするので、「〇〇くん、〇〇さん、ご両家の皆さま、そしてご参列の皆様。本日はご結婚、おめでとうございます!」といった具合になります。

もっとも、慣用的には「参列」を葬儀に使うことが多いようです。

そのため、イメージを嫌ってあえて使わないという選択肢もアリです。

その場合は「出席」に言い換えれば大丈夫です。

結婚式で乾杯のあいさつやスピーチを頼まれた際には、新郎新婦やそのご家族を不愉快にさせないためにも、事前に相談を重ねておいた方が良いでしょう。

列席とは?

「列席」とは「式典や行事などに出席すること・列に連なること」です。

意味は参列と変わりありませんが、こちらは主催者側からゲストなどに使う言葉です。

結婚式などでは、司会者や受付は主催者側の立場になります。

そのため、ゲストなどに対しては「ご列席の皆様」と呼びかけることになります。

ちなみに、「列席」は慶弔いずれにも使われる言葉です。

しかし、慣用的に「参列=弔事」「列席=慶事」で使われることが多いので、ゲスト側の立場であっても「列席」を使うことがあります。

参列と列席の違い

「参列」と「列席」は、いずれも式典や行事などに出席することを意味します。

両者の違いは立場の違いで、

  • ゲスト側であればへりくだった表現である「参列」
  • 主催者側であれば「列席」

を用いるのが本来の使い方です。

しかし、「参列」は弔事に用いて「列席」は慶事に用いるというのが慣用的になっているため、現在ではイベントの内容によって使い分けされることもあります。

まとめ

まとめ
  • 参列は、式典や行事などに出席すること。本来はゲスト側が使う言葉。弔事をイメージすることが多い。
  • 列席は、式典や行事などに出席すること。本来は主催者側が使う言葉。慶事に使われることが多い。

フォーマルな場面では、立場による使い分けをするのがふさわしいですが、迷う場合には「出席」を使うと無難です。