カタカナ

パプリカとピーマンの違い【見た目・栄養・味など】

パプリカ・ピーマン

スーパーマーケットなどの野菜売り場で仲良く並んでいる「パプリカ」と「ピーマン」。

色の違いで見分けている、という人も多いですが、実は緑のパプリカもあるし、赤色のピーマンもあるのです。

そこでこの記事では、パプリカとピーマンの見た目や栄養など、さまざまな違いについてまとめました。

パプリカとピーマンの見た目の違い

パプリカとピーマンの見た目の違いは、色だけではなく形や果肉の厚さにあります。

パプリカは、ピーマンに比べると丸みを帯びた形をしており、肉厚です。

一方、ピーマンはパプリカより細長い形をしており、果肉は薄めです。

大きさは品種により異なりますが、一般的にパプリカの方が少し大きめです。

そして、日本で販売されているパプリカは赤色・黄色・オレンジ色が多いですが、緑色や紫色、茶色のパプリカもあります。

また、ピーマンは未熟なうちに収穫・販売されるため緑色をしていますが、熟すと赤色や黄色、オレンジ色に変化します。

そのため「緑色=ピーマン」と覚えていると、間違える可能性があります。

このようなことから、パプリカとピーマンを見た目で判別する際には、色ではなく形や果肉の厚さを基準とした方が良いでしょう。

パプリカとピーマンの栄養の違い

パプリカもピーマンもナス科のトウガラシ属で、ビタミンCやカロテンを多く含みます。

ただし、パプリカの方が栄養学的には優れており、ビタミンCもカロテンもピーマンの倍以上含むとされています。

また、赤パプリカは抗酸化作用を持つカプサイシンを、黄パプリカはビタミンCを特に多く含んでいるので、目的によって使い分けることもできます。

パプリカとピーマンの味の違い

パプリカは、ピーマンに比べて甘みが強く、苦みが苦手な小さな子供でも食べやすいです。

また、生でも抵抗なく食べられる人が多いです。

一方、ピーマンは少し苦みがあります。

しかし、ヘタの部分が五角形のものより六角形のものを選ぶと苦みが少なく、繊維に沿って縦切りにすると苦みが出にくくなります。

パプリカとピーマンの育て方の違い

パプリカは、完熟してから収穫します。

ちなみに、緑のパプリカは未成熟なものではなく、完熟しても緑色のままの品種です。

パプリカは、開花から収穫までに約2カ月かかり、収穫前には甘みが増して虫がつきやすくなるので、防虫対策が必要となります。

ピーマンは、完熟前に収穫します。

開花から収穫までの期間は約1ヶ月で、パプリカほど手間はかかりません。

このようなことから、一般的にパプリカの方がピーマンより高値で取引されます。

パプリカとピーマンの違いまとめ

パプリカとピーマンの違いは、以下の通りです。

まとめ
  • 見た目:パプリカは形が丸く肉厚。ピーマンは細長い形で肉薄。
  • 栄養:どちらもビタミンC・カロテンを豊富に含むが、パプリカの方が栄養学的に優れている。
  • 味:パプリカは甘め。ピーマンはほんのり苦い。
  • 育て方:パプリカは完熟してから収穫。ピーマンは未成熟なうちに収穫。

最近はピーマンの改良が進み、苦みがなく甘みのある品種もあるそうです。

とはいえ、「やっぱりピーマンは無理」という人もいるでしょう。

そのような場合はパプリカを代用し、体に良い栄養をたっぷり摂取するといいですよ。