漢字

【匂い・臭いの違い】香り・においの漢字の使い分け

匂い・臭い

物のニオイは、「匂い」と書くとちょっといい感じで、「臭い」と書くとクサそうな気がしますよね。

ただ、「匂い」も「臭い」も「ニオイ」と読むので、使い分けに迷うこともあります。

そこでこの記事では、「匂い」と「臭い」の違いと、同じような意味を持つ「香り」との違いを調べてみました。

匂いの意味・使い方

「匂い」は「物から発せられ、嗅覚を刺激するもの」「いかにもという感じ、それらしい感じ、趣」という意味があります。

つまり、ニオイがどんな種類のものであっても、「匂い」を使うことができるということになります。

ただし、実生活では「心地よいもの・良い感情を抱くもの」に対して「匂い」を使うことが多いです。

  • 私はバラの匂いが大好きだ。
  • 彼女からは、都会の匂いがする。

臭いの意味・使い方

「臭い」は「物から発せられ、嗅覚を刺激するもの」「いかにもという感じ、それらしい感じ、趣」という意味、つまり「匂い」とまったく同じです。

しかし、「臭い」は「クサい」とも読むので、「不快感を感じるニオイ・嫌な感じがするもの」に対して「臭い」を使うことが多いです。

  • パパのおならの臭いは、スメハラだ!
  • 犯罪の臭いがする。

匂い・臭いの違い

「匂い」も「臭い」も、「嗅覚を刺激するもの」「それらしい感じ」という意味で使われますが、印象の良いものに対して使われるのが「匂い」で、印象の悪いものに使われるのが「臭い」です。

同じように嗅覚に関する言葉として「香り」がありますが、「香り」は印象の良いものにしか使われません。

つまり「香り」に置き換えられるものは「匂い」で、「クサい」に置き換えられるものは「臭い」を使うのが良いということになります。

とはいえ、「匂い」も「臭い」も言葉の意味は同じです。

不快なニオイに「匂い」を使い、良い香りに「臭い」を使っても間違いではありません。

ちなみに、英語では好ましい香りには「scent」、不快なニオイには「odor」が使われることが多いです。

よく知られている「smell」は、どちらの意味でも使えます。

まとめ

まとめ
  • 匂いは、「嗅覚を刺激するもの」「それらしい感じ」。良いイメージで使われることが多い。「香り」に置き換えることができる。
  • 臭いは、「嗅覚を刺激するもの」「それらしい感じ」。悪いイメージで使われることが多い。「クサい」に置き換えることができる。

ちなみに、このルールに従って「くさいにおい」を漢字で書くと、「臭い臭い」となってしまうので非常に読みにくいです。

そのような場合は「におい」あるいは「ニオイ」と表記するのもアリでしょう。