カタカナ

ライブ・コンサート・リサイタルの違いって何?

ライブ・コンサート・リサイタル

クラシックや歌手の演奏会、みなさんは何と呼んでいますか?

ライブ?
コンサート?
リサイタル?

どれも「人前でだれかが演奏したり歌ったりする」という点では同じなので、どの言葉を使うべきか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は出演する人の人数や公開形式によって変わってくる演奏会の呼び方について調べてみました。

ライブとは?

ライブとは「ライブ・コンサート」のことで、その名の通り生演奏や生歌を披露する演奏会のことです。

一説には「ライブハウスで行う演奏会」というものもあります。

そのせいか、コンサートやリサイタルと比べて観客との距離が近く、活発なイメージがあります。

規模は大小様々ですが、日本ではロックミュージシャンがこだわりを持って「ライブ」という言葉を使うように思います。

「生」で観客に演奏を提供するというこだわりがあるからでしょうね。

ちなみに、ライブは音楽シーンに限らず、「お笑いライブ」や「ライブ(生中継)ニュース」といった使われ方もあります。

コンサートとは?

コンサートは、形式にかかわらず「演奏会全般」を指す言葉です。

本来は不特定多数を対象とした公開演奏会を指すので、観客が限定される私的な演奏会はコンサートとはいえません。

最近は映像を使ったフィルムコンサートや、海外のアーティスト中継映像など、会場内での演奏を伴わないものも「コンサート」と呼びます。

そういう意味では、多数の人が音楽シーンを楽しむものを一般的に「コンサート」と呼ぶと考えて良いでしょう。

リサイタルとは?

リサイタルは「一人のアーティストが音楽を披露するもの」です。

独唱会や独奏会を指す言葉なのですね。

アーティストが複数の場合は「ジョイントリサイタル」と呼ぶこともあります。

バックバンドがいても、メインのアーティストが一人ならば「リサイタル」と呼びます。

ライブ・コンサート・リサイタルの違い

コンサートは演奏会全般を指す言葉なので、ライブもリサイタルもコンサートに含まれます。

ライブは「生」であることを強調したい時、リサイタルはメインのアーティスト一人をクローズアップしたい時に使われることが多いです。

コンサートとリサイタルは、音楽の演奏会でしか使われない言葉ですが、ライブは生中継であればその他の芸能やニュース番組でも使われることがあります。

まとめ

まとめ
  • ライブは、生演奏・生歌にこだわりのある演奏会。お笑いの舞台やニュースに対しても使われることがある。
  • コンサートは、音楽演奏会全般。公開であることが原則。生演奏でなくてもよい。
  • リサイタルは、独唱会や独奏会。アーティストは基本的に一人。

「生」演奏なのか、アーティストは何人なのかを考えれば、迷わずに使い分けできますね。

わからなくなったら、「コンサート」でごまかしましょう。