漢字

皮・革・皮革の違いって何?

皮・革・皮革

「皮」と「革」と「皮革」は、どれも「かわ」を表す言葉です。

特に意識しなくても、何となく使い分けができてしまう言葉ですが、違いを問われると正確に答えるのは難しいものです。

そこでこの記事では、「かわ」を表す皮・革・皮革の違いについてまとめました。

皮とは?

「皮」は、「動物や植物の肉や身などを覆っている膜」のことです。

動植物に限らず、「物の外側を覆ったり包んだりしている部分」や、もっと抽象的な「物事の本質を覆い隠していること」を表現する場合にも使われます。

  • 手の皮がむけた。
  • リンゴは、皮ごと食べてもおいしい。
  • 餃子の皮は、薄い方が好みだ。
  • だんだん、化けの皮がはがれてきた。

革とは?

「革」は、「動物の皮から脂肪や毛などを取り除き、薬品などでなめし加工したもの」です。

植物の皮は、どんなに加工しても「革」にはなりません。

また、動物の皮であっても毛を取り除いてないものは「革」ではなく、「毛皮」とされます。

  • 手入れをしっかりすれば、革の靴は長く使える。
  • 革のジャケットも、毛皮のコートも、クリーニング代が高いので大変だ。

皮革とは?

「皮革(ひかく)」は「動物の加工していない皮、なめし加工をした革、その他の加工を加えた皮」の総称です。

つまり、人間を除く動物の皮及び加工品であれば、「皮革」ということになります。

また、「合成皮革」「人工皮革」など、動物以外の物から作った製品に対しても、使うことがあります。

  • 欧米は、日本に比べて皮革を扱う店が多い。
  • 天然皮革と見分けがつきにくい合成皮革もある。

皮・革・皮革の違い

「皮」は、動植物に限らず、物や抽象的な事柄にも使われる言葉で、中身を覆い隠すものに幅広く使うことができます。

「革」は、毛や脂肪を取り除きなめし加工したもの、「皮革」は動物の皮や加工品のほか、人工的に作られた製品に対して使われます。

そして、「革」は広い意味では「皮」に含まれるので、「ワニ革のバッグ→ワニ皮のバッグ」というように置き換えることができます。

一方、「皮」は「革」とは別の物を指すことも多いので、置き換えができないこともあります(例:〇リンゴの皮→×リンゴの革)。

まとめ

まとめ
  • 皮は、肉や身など中身を覆い隠すものに幅広く使われる。
  • 革は、毛や脂肪を取り除き、なめし加工した動物の皮。
  • 皮革は、動物の皮や加工品、革を模した布などのこと。

「皮革」という言葉を用いる場面は比較的少ないので、迷うことはほとんどないと思います。

「皮」と「革」で迷うときは、意味の広い「皮」を使うといいですよ。