漢字

乾く・渇くの違い|喉が「かわく」の漢字はどっちが正しい?

乾く・渇く

「かわく」には「乾く」と「渇く」の2つがありますが、この違いを即答できる人はあまりいないと思います。

しかし「乾く」と「渇く」の意味の違いが分かると、スッキリ使い分けができるようになります。

この記事では、知れば納得の「乾く」と「渇く」の意味の違いと使い分けについて解説します。

乾くの意味・使い方

「乾く」とは、「水気や湿気がなくなること。乾燥すること。」です。

また、「情が浅いこと。生気がないこと。」といった意味で使われることもあります。

  • 天気が良いので、洗濯物がよく乾く。
  • 空気が乾くと、ほこりが舞いやすい。
  • 彼は、乾いた性格だ。
  • どこに行ってもトイレットペーパーが手に入らないので、乾いた笑いが出てしまった。

渇くの意味・使い方

「渇く」には、「うるおいがなくなり、水分を欲すること。」「何かを強く求めること。」という意味があります。

水分のない状態から一歩進んで、欲求をあらわす言葉といえますね。

  • 運動中は、渇きをいやすために水分をこまめに摂る必要がある。
  • 何をしても、心の渇きが満たされない。

乾く・渇くの違いは?

「乾く」は、水分や湿気のない状態、つまり「乾燥」を意味します。

また、人間味の乏しいドライな性格に対しても「乾く」を使うことがあります。

一方「渇く」は、足りない何かを求めるときに使う言葉です。

「枯渇」という言葉に置き換えると分かりやすいでしょう。

そして、タイトルにある「喉がかわく」という場合、単に乾燥している状態を表現したいのならば「乾く」が当てはまります。

しかし、「水分が欲しい」ということまで伝えたいのならば、「渇く」を使う必要があります。

つまり、

  • 物の客観的な状態を表現する場合は「乾く」
  • 何かが欲しいという欲求まで含意する場合は「渇く」

を使うことになります。

そういう意味では、「乾く」は客観的な場面で使うことが多く、「渇く」は主観的な場面で使うことが多いといえます。

まとめ

まとめ
  • 乾くは、物が乾燥している状態を指す言葉。人間味のない性格に対して使うこともある。
  • 渇くは、何かを強く求める際に使う言葉。

「乾く」と「渇く」の使い分けで迷ったら、状況を重視しているのか、気持ちや欲求まで表現したいのかで判断しましょう。

単に物の状態を表したい場合には、「乾く」を使いましょう。

また、「乾燥」「ドライ」で置き換えられる場合も、「乾く」で大丈夫です。

しかし、かわいた先にある「気持ち」や「欲求」まで表現したい場合には、「渇く」の方が良いでしょう。