漢字

懐石料理と会席料理の違いって何?配膳に差はあるの?

懐石料理・会席料理

食事の予約をする際に「懐石料理」と「会席料理」のどちらにすべきか、そもそも違いは何なのか悩んだことはありませんか?

そこでこの記事では、読み方が同じだけどルーツが異なる懐石料理と会席料理の違いについて調べてみました。

懐石料理とは?

懐石料理とは「茶の湯で、お茶をいただく前に出される料理」です。

茶道の「わび」「さび」の心が反映されており、旬の食材で季節を楽しむのが懐石料理の特徴です。

また、茶道においてメインは「お茶(濃茶)」なので、脂っこい料理や濃い味付けは避けることが多いようです。

懐石料理は基本的に一汁三菜とされ、ご飯と汁物は最初に配膳されます。

そして、食べ終わるタイミングはお茶をたてる湯が沸く時間に合わせるのが良いとされています。

もちろん、食後はお茶をいただきます。

ちなみに「懐石」は、修行僧などが空腹や寒さを紛らわすために懐に入れていた温められた石(温石:おんじゃく)に由来する言葉です。

つまり、温石のように体を温めて空腹をやわらげる軽い食事、というのが「懐石」ということになります。

会席料理とは?

会席料理は「宴会など酒の席で用意される料理」です。

江戸時代の料理屋で出されていた宴会料理がルーツと言われています。

会席料理はお酒を楽しむための料理なので、ご飯と汁物は最後に出ます。

また、細かなルールもありません。

さらに、料理や器などが華やかであることも多いです。

懐石料理と会席料理の違い

懐石料理は茶の湯がルーツで、お茶をいただく前に空腹を満たすために提供される料理です。

一汁三菜が基本で、ご飯と汁物は最初に提供されます。

会席料理は料理屋の宴会料理がルーツで、お酒を楽しむための料理です。

細かなルールはありませんが、ご飯と汁物は最後に提供されます。

なお、本来の懐石料理は一品一品の量が少ないことから、最近では量の少ないコース料理を「懐石料理」と呼ぶこともあります。

また、「懐石料理」となっていても、ご飯や汁物を最後に出す料理店も多いようです。

いずれも本来の意味から外れているように思うかもしれませんが、ニーズに合わせてメニューを変化させて客を「もてなす」という気持ちは、懐石料理でも会席料理でも変わらないのかもしれません。

まとめ

まとめ
  • 懐石料理はお茶を美味しくいただくためのもの。ご飯と汁物は最初に提供される。一汁三菜が基本。
  • 会席料理はお酒を楽しむためのもの。細かいルールはないが、お酒を楽しむためにご飯と汁物は最後に提供される。

お酒の席であれば「会席料理」を選べば間違いありません。

それ以外の席では、状況に応じて「懐石料理」と「会席料理」を使い分けるようにしましょう。