カタカナ

アイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラートの違いって何?

アイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラート

カップに入っていたりコーンに乗っていたりするアイスクリーム。

アイスクリームより軽い口当たりのソフトクリーム。

果汁などがたっぷり入っていてねっとりとした食感のジェラート。

どれも美味しい冷たいデザートですよね。

でもこの3つ、実際のところ何が違うのでしょうか。
成分に差があるのでしょうか。

この記事では、意外にあいまいなアイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラートの違いについて調べてみました。

アイスクリームとは?

アイスクリームは、「凍ったお菓子全般」を指す言葉です。

ただし、日本の法令では「乳固形分が15.0%以上で、そのうち乳脂肪分8.0%以上のもの」をアイスクリームと呼びます。

なお、「乳固形分が10.0%以上で、そのうち乳脂肪分3.0%以上のもの」は「アイスミルク」、「乳固形分が3.0%以上のもの」は「ラクトアイス」とされ、「アイスクリーム」とともに「アイスクリーム類」に分類されます。

アイスクリームの空気含有量は商品によって大きな差があり、30~50%程度であることが多いようです。

また、アイスクリームはいったんフリーザーで固められます。

食べ頃の温度は-8~-14℃とされています。

ソフトクリームとは?

ソフトクリームは、法令で定められた名前ではなく、工程上の呼び名の一つだそうです。

原料をアイスクリームのようにカチカチに凍らせるのではなく、フリーザーで-5~-7℃程度に冷やしたものをそのまま食べます。

だから、アイスクリームと同じような味なのに柔らかく、食べやすいのですね。

ジェラートとは?

ジェラートはイタリア語で、アイスクリームと同じ「凍ったお菓子全般」を意味します。

ただし、イタリアンジェラートは乳脂肪分が比較的低く、アイスミルクやラクトアイスに分類されるものが多いようです。

イタリアンジェラートの空気含有量は30%程度で、ねっとりとした濃厚な食感を楽しむことができます。

食べ頃の温度は-8~-10℃と、アイスクリームとソフトクリームの間くらいになっています。

ソフトクリームより溶けにくく、アイスクリームより柔らかいのも納得ですね。

アイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラートの違い

広い意味で、アイスクリームとジェラートは同じものです。

ただし法令上、脂肪分などが定められているのはアイスクリームだけです。

日本でアイスクリームとされているものは比較的乳脂肪分が高く、また低温で固められています。

イタリアンジェラートは乳脂肪分が低いものが多く、アイスクリームよりほんの少し高い温度で提供されることが多いです。

一方ソフトクリームは、アイスクリームのように固めず、少し柔らかい食べやすい状態で提供されるものです。

まとめ

まとめ
  • アイスクリームは、凍ったお菓子全般を指す言葉。法令上は、乳固形分が15.0%以上で、そのうち乳脂肪分8.0%以上のものをいう。
  • ソフトクリームは、カチカチに凍らせていない柔らかいアイスクリーム。
  • ジェラートは、凍ったお菓子全般を指すイタリア語。ただし法令上の定義はない。イタリアンジェラートは、アイスミルクやラクトアイスに分類されることが多い。

脂肪分を気にする方は「ジェラート」を選ぶのが良さそうですが、脂肪分が高いジェラートもあるようです。

ダイエット中は「アイスミルク」あるいは「ラクトアイス」に分類されているものを選ぶようにしましょう。