日本語

下駄・草履(ぞうり)・草鞋(わらじ)・雪駄(せった)の違い・使い分け方は?

下駄・草履・草鞋・雪駄

下駄・草履・草鞋・雪駄

どれも日本で古くから使われている鼻緒のある履物ですが、これらにはどのような違いがあるのでしょう?
使い分けはどのようにすればよいのでしょう?

今回は、知っていそうで意外と知らない日本の履物について調べてみました。

下駄とは?

下駄

下駄(げた)とは「底の部分が木でできている鼻緒付きの履物の総称」です。

底の部分に2本の歯がついているものが多いですが、歯のないもの(ぽっくり)や土踏まずの部分だけをくり抜いたもの(右近)もすべて下駄に分類されます。

そのため、必ずしも「下駄=歯がある」というわけではありません。

また、足を乗せる部分の材質は何でもよく、畳表や木の皮が張り付けられていても、はたまた塗りが施されていても、底の部分が木で鼻緒がついていれば下駄に分類されます。

なお、下駄は草履や雪駄に比べてカジュアルな履物とされています。

草履(ぞうり)とは?

草履

草履(ぞうり)は「歯がなく、底の部分が平らになっている鼻緒付きの履物」です。

その名の通り、昔は藁や竹皮、草などを編んで作っていました。

足を乗せる部分と底の部分の間にはさむ「芯」を幾重にも重ねることが多いのが特徴です。

だれにでも履きやすい作りなのですが、特殊な加工をしていないため水分に弱く、雪や雨が染み込んでくるのが難点です。

ちなみに、草履はフォーマルな和装時に履くことが多いです。

草鞋(わらじ)とは?

草鞋

草鞋(わらじ)は「藁で足型に編んだもので、つま先から出ている2本の藁緒を左右の縁にある小さな輪に通したり、かかと部分にある“かえし(長い輪になっている部分)”に通したりして足首を固定できるようになっている履物」です。

つまり、草鞋は足首を固定して長距離歩行するための履物といえます。

雪駄(せった)とは?

雪駄

雪駄(せった)は「竹皮で編んだ畳表の裏に革を貼り付けた履物」です。

多くはかかと部分に金属がついているので、歩くとチャリチャリ音が鳴ります。

雪駄はいわば草履の改良品で、革を貼り付けることで防水機能を強化しているのです。

また、草履のように足を乗せる部分と底の部分の間にはさむ「芯」を幾重にも重ねることは少なく、表地・芯地・底地のセットで3枚ならば、雪駄であることが多いです。

雪駄は、男性が和服を着る時に履くことが多いです。

下駄・草履・草鞋・雪駄の違い

底の部分が木で鼻緒がついている履物は、どんな形でもすべて「下駄」です。

一方で、歯がなく底の部分が木以外の素材でできており、芯が幾重にも重なっている鼻緒付きの履物は「草履」です。

「雪駄」は草履の一種ですが、底に革を貼り付け防水機能を強化しています。

草鞋は、足首を固定する構造を持つ長距離歩行用の藁でできた履物です。

草鞋は現在ほとんど使われていませんが、下駄・草履・雪駄は現在でも比較的よく使われています。

まとめ

まとめ
  • 下駄は、底が木でできている鼻緒付きの履物。他に比べてカジュアル。
  • 草履は、歯がなく底が木以外の素材でできている鼻緒付きの履物。芯が幾重にも重なっていることが多い。フォーマルな和装時に合わせることが多い。
  • 草鞋は、長距離歩行用の藁でできた履物。足首を固定できる構造になっている。
  • 雪駄は、草履の防水機能を強化したもの。男性が和服を着る時に使うことが多い。

とりあえず、底の部分が木ならば「下駄」、草履か雪駄か迷ったら「草履」でOKです。

草鞋は構造的に全く違いますし、ほとんど使われていないので間違えることはないでしょう。