日本語

脂肪・脂質・油脂・コレステロールの違いって何?

脂肪・脂質・油脂・コレステロール

「脂肪」も「脂質」も「油脂」も「コレステロール」も、一言でいえば「アブラ」ですよね。

しかしこの4つ、何がどう違うのでしょうか?
厳密な違いはあるのでしょうか?

この記事では、多すぎても少なすぎても困る4種類のアブラについてまとめました。

脂肪とは?

脂肪は、3大栄養素(脂肪・糖質・タンパク質)の一つです。

栄養学では「脂質」と呼ぶこともあります。

動物の脂肪はコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)を多く含みますが、植物由来の脂肪はコレステロールを含みません。

ちなみに、人の体につく「脂肪」は、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に分けられます。

内臓脂肪は内蔵まわりにつくもので、通常つまむことはできません。

一方、皮下脂肪は腹まわりなどにつきやすく、皮膚の上からつまむことができます。

脂質とは?

脂質は、中性脂肪・リン脂質(細胞膜の成分)・コレステロールなどの総称です。

前述のように、栄養学では脂肪と同じ意味で使われます。

水に溶けにくく、有機溶媒(ベンゼンやクロロホルムなど)に溶けやすいのが特徴です。

油脂とは?

油脂は、脂肪酸(中性脂肪に含まれる成分)や中性脂肪のことです。

常温で液体のものを「油(サラダ油・ゴマ油など)」、常温で固体のものを「脂(牛脂など)」と使い分けることもあります。

コレステロールとは?

コレステロールは、人の体の中にある脂質の一種です。

細胞膜やホルモン、胆汁酸などをつくる材料で、体に欠かせないものです。

コレステロールには「善玉」と「悪玉」がありますが、両者のバランスが崩れ、血液中のコレステロールが多くなりすぎると「脂質異常症」と診断されます。

脂肪・脂質・油脂・コレステロールの違い

脂肪は3大栄養素の一つで、脂質と呼ばれることもあります。

油脂は、中性脂肪とほぼ同じ意味で使われることがあります。

そして、コレステロールは人の体の中にある脂質の一種です。

脂質は、中性脂肪・リン脂質・コレステロールなどの総称なので、「脂肪≒脂質≫油脂・コレステロール」ということになります。

まとめ

まとめ
  • 脂肪は、3大栄養素の一つ。栄養学では脂質と呼ばれることもある。
  • 脂質は、中性脂肪・リン脂質・コレステロールなどの総称。栄養学では脂肪と同義。
  • 油脂は、脂肪酸や中性脂肪のこと。
  • コレステロールは、人体にある脂質の一種。

「油脂」や「コレステロール」は使う場面が限られているので、迷ったらとりあえず「脂肪」か「脂質」を使うようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。