カタカナ

イギリス・イングランド・UKの違いって何?【間違いやすいので注意】

イギリス・イングランド・UK

日本人が「イギリス」と呼んでいる国、実は複数の国が集まっていることをご存知でしょうか?

そして「イギリス」という国は、厳密に言うと存在しないということをご存知でしょうか?

今回は、アイデンティティを非常に大切にする「イギリス」について調べました。

イギリスとは?

イギリスとは、「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」のことです。

なんと、国名には「イギリス」に該当する言葉が一つもないのです。

つまり、「イギリス」は通称なんですね。

ヨーロッパの人が初めて日本を訪れた頃、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」はまだ存在せず、グレートブリテン島の一部(イングランドとウェールズ)が統一されているのみでした。

この統一されている部分が「England」と呼ばれており、また、オランダ語やポルトガル語で「England」あるいは「English」を表す言葉が訛ると「イギリス」という発音に近かったことから、いつしか「イギリス(エゲレス)」が広まっていったようです。

ちなみに外務省では「イギリス」という呼称は使わず、「英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」としているようです。

イングランドとは?

イングランドは、「英国を構成する国の一つ」です。

正式名称にある「連合王国」の名の通り、英国はイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの国が集まってできています。

4つの国のうち、イングランドはもっとも面積が広く、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」の首都であるロンドンもありますが、英国=イングランドではありません。

4つの国は言葉や文化、政治的な立場も異なります。

また、各国ともアイデンティティを非常に大切にしているので、混同しないようにしましょう。

UKとは?

UKは「United Kingdom(連合王国)」の略です。

現在、世界で連合王国は英国のみなので、UK=英国と考えて大丈夫です。

ただし今後、新たに連合王国が誕生したら、UK=英国ではなくなってしまいます。

イギリス・イングランド・UKの違い

イギリスは、日本における「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」の通称です。

日本で「イギリス」という言葉が定着した後に世界情勢が変わったため、現在の名称とのあいだに齟齬が生じています。

一方、イングランドは英国を構成する国の一つです。

イギリス=イングランドとする誤解が多いですが、これは「日本=東京」とするようなものです。

UKは「United Kingdom(連合王国)」の略ですが、現在は英国とほぼ同義です。

イギリスの国内情勢が変わったり、他に連合王国が成立したりしたら、UK≠英国となる可能性があります。

まとめ

まとめ
  • イギリスは、「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」の通称。
  • イングランドは、英国を構成する国の一つ。
  • UKは、「United Kingdom(連合王国)」の略。現在は英国と同義。

日本人同士で話をする場合は「イギリス」でも良いと思いますが、英国の方と話をするときには注意をしないと相手に不愉快な思いをさせてしまいます。

話の流れを的確に把握し、その場にふさわしい言葉を選ぶようにしましょう。