カタカナ

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いを簡単に解説!

エルニーニョ現象 ラニーニャ現象

ニュースで時々出てくる「エルニーニョ現象」や「ラニーニャ現象」。

気象に関係する言葉だということは何となくわかっても、どういう現象なのか、また、それが日本にどのように影響するのかなかなかヒトには聞けないものです。

そこでこの記事では、エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いと日本への影響について解説します。

エルニーニョ現象とは?

エルニーニョ現象は、「太平洋の日付変更線あたりから南米大陸沿岸にかけて、赤道付近の海面水温が平年より高くなり、その状態が1年ほど続く現象」です。

つまり、エルニーニョ現象が起きると、太平洋の赤道付近にあるインドネシア近海からペルー沖にかけての広い範囲で海面水温が高くなるのです。

そして通常ならば、積乱雲はインドネシア近海で発生することが多いのですが、エルニーニョ現象のときは積乱雲の多発エリアが東寄りにずれます。

エルニーニョ現象が起きると、日本では夏に太平洋高気圧が北に張り出しにくくなって気温が上がらず、日照時間が短くなりがちです。

また、西日本では降水量が例年より多くなることが多いようです。

そして冬は冬型の気圧配置(西高東低)が弱くなり、暖冬傾向になります。

ラニーニャ現象とは?

ラニーニャ現象は、「エルニーニョ現象で海面水温が上がる海域で、平年より海面水温が低い状態が続く現象」です。

エルニーニョ現象と真逆の現象なんですね。

ラニーニャ現象が起きると海面水温の低い範囲が広くなり、海面水温の高い地域はインドネシア近海の狭い範囲に限られます。

そのため、ラニーニャ現象のときは積乱雲がインドネシア近海で、より一層多発するようになります。

ラニーニャ現象が起きると、日本では夏に太平洋高気圧が北に張り出し、猛暑になりやすい状態となります。

一方で、冬は西高東低の気圧配置によって、寒さが厳しくなることが多いです。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違い

インドネシア近海からペルー沖にかけての赤道域の海面水温が高い状態が1年以上続くことを「エルニーニョ現象」と呼び、逆に海面水温が低い場合を「ラニーニャ現象」と呼びます。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、それぞれ数年ごとに発生します。

それに伴い、世界中で異常気象が観測されていると言われています。

ちなみに、「エルニーニョ」はスペイン語で「男の子」とか「神の子(イエス・キリスト)」の意味です。

これは、ペルー北部で暮らす漁民たちが、クリスマスの頃にあらわれる小さな暖流のことを「エルニーニョ」と呼んでいたことに由来するそうです。

一方で「ラニーニャ」はスペイン語で「女の子」の意味です。対をなす現象にふさわしい名前ですね。

まとめ

まとめ
  • エルニーニョ現象は、太平洋の赤道域における海面水温の高い状態が1年以上続くこと。日本は冷夏・暖冬傾向になることが多い。
  • ラニーニャ現象は、太平洋の赤道域における海面水温の低い状態が続くこと。日本は猛暑・厳冬傾向になることが多い。

日本の気候は、エルニーニョ現象・ラニーニャ現象だけでなく偏西風などの影響も受けるようですが、できれば異常気象のない穏やかな四季を過ごしたいですね。