漢字

導線と動線の違いって何?

導線・動線

人が動く道筋のことを「どうせん」と言いますが、「導線と動線、どちらを使えばいいんだろう。」と悩んだことはありませんか。

実はこの2つの言葉、読み方は同じですが意味も使い方もまったく違うのです。

そこでこの記事では、覚えておきたい「導線」と「動線」の違いと、使い分けについてまとめました。

導線とは?

導線は「人(主に顧客)を導くための線」です。

一般的にはほとんど使うことがなく、デパートなどの小売店などで使われる言葉です。

最近は、webサイトでユーザーの誘導方法を検討する際などにも使われることがあります。

小売業界では、商品を上手に配置して顧客の関心を惹きつけ、購買意欲をそそることが売上げアップに欠かせません。

webサイトでは、サイト内をくまなくユーザーに見せ、途中離脱を防ぐことがサイト価値の向上につながります。

このような状況において、

  • 顧客の動きを予測して物品を配置すること
  • ユーザー心理を考えてリンクを貼ること

が「導線」を設定する、ということになります。

例:導線が悪くてデパートの入り口付近が大変混雑してしまった。

例:導線設計のためにアクセス解析は欠かせない。

動線とは?

動線は「人や物が移動する際の経路」です。

建物を建築・建築する時や都市計画を立てる時によく使われる言葉ですが、「家事動線」「作業動線」など身近な場面でも出てくることが多いです。

例:水回りが集まっていると、家事動線が短くてすむ。

例:喫煙コーナーまでの動線が長いので、1日に吸うタバコの本数が減ってきた。

導線と動線の違い

「導線」は経営者・運営者が目的達成のために設定するものです。

人(顧客)が動くルートを予想したものにすぎないので、顧客がルートから外れる可能性も否定できません。

一方で「動線」は、実際に人や物が動く経路そのものなので、ルートから外れることは基本的に考えられません。

もっと端的に言うと、

  • 導線=予測したルート(未来の出来事)
  • 動線=実際に通る・通ったルート(現在・過去の出来事)

ということになります。

まとめ

まとめ
  • 導線は、小売店経営者やサイト運営者がユーザーをねらい通りに誘導するための計画。
  • 動線は、人や物が実際に通る・通ったルート。

「導線」か「動線」で迷ったら、まず使う場面を考えましょう。

小売業界やインターネット業界であれば「導線」、ほかはだいたい「動線」で大丈夫です。

それでもわからない場合は「未来の出来事」か「現在・過去の出来事」かを考えるようにしましょう。