日本語

代表取締役・会長・社長・CEOの違い【1番偉いのは誰?】

代表取締役・会長・社長・CEO

「代表取締役」、「会長」、「社長」、「CEO」

どれも会社の偉い人の呼称として使われることのある言葉ですよね。

でも、この中で「会社の代表権を持つ」と法律で定められているのは一つだけなのです。
それはどれでしょうか?

この記事では、社会人ならば知っておきたい「会社の偉い人たち」の役職についてまとめました。

代表取締役とは?

代表取締役は、「会社における取締役会の代表者」です。

取締役会は、会社が業務をとりおこなう際の意思を決定する機関です。

取締役会は、上場企業などでは必ず設置しなければならないとされています。

代表取締役は取締役会、つまり意思決定機関の代表なので、対外的に代表権を有し、その範囲は会社の業務すべてにおよぶことになります。

会長とは?

会長は、「社長よりも上に置かれることが多い役職」です。

社長の親や社長経験者などが、名誉職として就任していることもあります。

そして、会社内で実質的なナンバーワンとなっているケースも少なくありません。

ただし、「会長」という呼称は、会社法上何も権限はありません。

設置義務すらありません。

社長とは?

社長は、「一般的に会社を代表する者の呼称」です。

「社長」という呼称は、「会長」と同様に会社法上は何の権限もありません。

あくまで社内での呼称・役職であり、対外的に何かできるわけでもありません。

しかし、「社長」というのは多くの場合代表権を有するものです。

そのため、条件はありますが、社長と取引をした相手方を保護する規定が会社法にはあります。

CEOとは?

CEOとはChief Executive Officerの略で、日本語では「最高経営責任者」と訳されることが多いです。

こちらも単なる肩書で、会社法上の権限は何もありません。

企業の所有と経営が分離されているアメリカ型の企業では、所有者(株主を代理する取締役会)が経営者(執行役員など)を任命・監督するシステムとなっています。

CEOは経営のトップですが、ミスをすると即解任、ということも珍しくありません。

代表取締役・会長・社長・CEOの違い

会社法上、対外的に代表権を持つのは「代表取締役」だけです。

「会長」「社長」「CEO」は、単なる肩書に過ぎません。

しかし、肩書から代表権があることを信じて取引をした相手方は、条件はあるものの保護されることが多いです。

これは、取引の安定を図るために講じられた必要な措置といえます。

日本では「代表取締役兼CEO」という肩書もちらほら見かけますが、企業の所有と経営の分離という点では好ましくありません。

「代表取締役兼CEO」という肩書は、「企業の全責任を負うすごい役職」ととらえることもできますが、一歩間違えると「独裁的なワンマン代表」になってしまいます。

まとめ

まとめ
  • 代表取締役は、会社法上対外的に代表権を持つ人。一番偉い。
  • 会長は、社長よりも上に置かれることが多い役職。会社法上の権限は何もない。
  • 社長は、一般的に会社を代表する役職。会社法上の権限は何もない。
  • CEOは、経営のトップ。会社法上の権限は何もない。

代表取締役以外は、単なる肩書に過ぎません。

しかし、会社によっては肩書に厳しい序列があることも珍しくありません。

お家騒動に巻き込まれないために、社内ルールはこっそりチェックしておきましょう。