カタカナ

ブライダル・ウェディング・マリッジの違いって何?

ブライダル ウェディング マリッジ 違い

結婚に関係するカタカナ言葉、たくさんありますよね。

どれも何となく意味は分かるものですが、特に違いが分かりにくいのが「ブライダル」「ウェディング」「マリッジ」の3つではないでしょうか。

そこでこの記事では、知ると納得の「ブライダル」「ウェディング」「マリッジ」の違いについて解説します。

ブライダルとは?

ブライダル(bridal)は、ブライド(bride:花嫁・新婦)の形容詞です。

つまり「ブライダル」は、「花嫁の・新婦の」という意味になります。

ブライダルは、日本でも「花嫁の」という意味で使われることが多いですが(例:ブライダルエステなど)、婚礼にかかわるもの全般に対して幅広く使われています(例:ブライダルサロン、ブライダルフェアなど)。

ウェディングとは?

「ウェディング(wedding)」とは、「結婚式」そのもののことです。

結婚式当日に催されるイベントや、結婚式で用いられる物に対して使われます。

たとえば、「ウエディングケーキ」「ウェディングパーティー(英語ではwedding reception)」は、「ブライダルケーキ」「ブライダルパーティー」と呼ばれることはほとんどありません。

ケーキやパーティーは花嫁だけのものではなく、結婚式に出席するすべての人に関係するものだからです。

また、花嫁が着用するドレスも「ウェディングドレス」と呼ばれます。

たしかにドレスを着るのは花嫁だけですが、結婚式という儀式のみで使われる特別な衣装であるため、「ブライダルドレス(花嫁のドレス)」ではなく「ウェディングドレス(婚礼衣装)」と呼ばれるようです。

マリッジとは?

マリッジ(marriage)には、もともと二つの物が強く結びつくという意味があります。

そこから転じて「結婚・婚姻」という意味で使われます。

儀式ではなく、結婚という事実そのものを指すと考えればよいかもしれません。

日本語では「マリッジリング」「マリッジブルー」という言葉がよく知られていますが、いずれも和製英語です。

日本でいうマリッジリング=結婚指輪は、英語では「wedding ring」や「wedding band」などと呼ばれます。

これは、結婚式という儀式の中で、指輪が重要な役割を果たす物だからかもしれませんね。

ブライダル・ウェディング・マリッジの違い

ブライダルは「花嫁の」という意味ですが、日本では婚礼にかかわるものに幅広く使われています。

そしてウェディングは「結婚式」、マリッジは「結婚」そのものを指します。

また、大雑把なイメージですが、日本では「ブライダル」は結婚式の準備に関してよく使われ、「ウェディング」は結婚式当日、そして「マリッジ」は結婚式前後に関する言葉として使われることが多いようです。

まとめ

まとめ
  • ブライダルは、bride(花嫁)の形容詞。日本では、婚礼準備に関することに使われることが多い。
  • ウェディングは、結婚式のこと。儀式にかかわるイベントや物に対して使われる。
  • マリッジは、結婚そのもの。儀式ではなく結婚という事実を指す。

このように、3つの言葉はそれぞれ違う意味を持っています。

しかし、日本では違いが非常にあいまいになっているので、あまりこだわらなくてもいいかもしれませんね。