漢字

足・脚・肢の違い・意味と使い分け

足・脚・肢

「あし」というと、「足」や「脚」を思いつく人が多いと思います。

また、「肢」という漢字が使われることもあります。

何気なく使っている「あし」ですが、実は生き物の種類や部位などによって使い分けが必要なのをご存じでしょうか。

この記事では、知っているようで意外と知らない足・脚・肢の違いと使い分けについて解説します。

足とは?

「足」は、「足首からつま先までの部分」です。

また、生き物の種類によって使い分ける場合、足は主にヒトに使われます。

さらに、物の本体を支える突起部分や地面に接する部分、物の下部や末端部分を「足」と呼ぶこともあります。

  • 日本人は足の甲が高い人が多いといわれている。
  • ヒトの足は進化して、二足歩行が可能になった。
  • この椅子は、足が6本もある。

脚とは?

「脚」は、「足首から骨盤までの部分」で、動物の胴から下に伸びた部分をあらわします。

昆虫などに使われることが多いですが、哺乳類に使われることもあります。

  • 彼女は脚がすごく長い。
  • 昆虫の脚は、胸部に6本ついている。
  • 犬の前脚。

肢とは?

「肢」とは、「月(にくづき)」に「支」で、体の枝部分、つまり「あし」だけではなく「て」も含めて指す言葉です。

主に生物学や医学の分野で、哺乳類に対して使われることが多いです。

読み方としては、訓読みの「あし」よりも音読みの「シ」のほうがよく使われます。

人間の場合、腕は「上肢」で脚は「下肢」ですが、ほかの哺乳類の場合は肩につながっている部分が「前肢」、骨盤につながっている部分が「後肢」になります。

  • ダックスフントは、四肢が短い。
  • パラリンピック選手の義肢は、最先端技術でつくられている。

足・脚・肢の違い

「足」と「脚」を部位で使い分ける場合、

  • 「足」は足首からつま先までの部分
  • 「脚」は足首から骨盤までの部分

です。

英語だと、足は「foot」、脚は「leg」になります。

そして、「肢」は手足を指します。

生き物の種類で使い分ける場合、

  • 「足」はヒト
  • 「脚」は昆虫など
  • 「肢」は哺乳類など

に使われることが多いです。

そして「肢」は、生物学や医学の分野で使われることが多い用語です。

なお、比喩表現で「あし」を使う場合は、「足」を用います。

「足を洗う」「足を運ぶ」「足が早い」などが、その例です。

まとめ

まとめ
  • 足は、足首からつま先までの部分。生き物に使う場合、ヒトに対して使われることが多い。比喩表現にも使われる。
  • 脚は、足首から骨盤までの部分。昆虫などに使われることが多い。
  • 肢は、手足のこと。生物学・医学の用語として使われる。哺乳類などに使われることが多い。

「肢」は日常生活で「あし」と読むことが少ないので、「足」と「脚」の使い分けに気をつければ大丈夫です。

そして、厳密に区別が必要な場合を除き、ヒトに対しては「足」、その他の生き物に対しては「脚」を使えば間違いではないでしょう。