カタカナ

アメフトとラグビーの違いを簡単に解説!見た目やボール・タックルなど

アメフト・ラグビー

アメフトやラグビーというと、「細長いレモン型のボールを使っている」「タックルをする」などのイメージがあると思います。

しかし、日本では野球やサッカーほどメジャーでないことから、「何がどう違うのか、よくわからない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アメフトとラグビーの違いについて調べてみました。

アメフトとは?

アメフトは「アメリカンフットボール」のことです。

ラグビーがアメリカに渡り、ルールにさまざまな変更が加えられ、現在のアメフトの形に近いものが1906年にルールとして明文化されたと言われています。

その名の通りアメリカで大人気のスポーツですが、他の国ではあまりメジャーではないようです。

ちなみに、プレイ時にはヘルメットやマウスピース、ショルダーパッドのほか、臀部・太もも・膝を守るパッドなどの着用が義務付けられています。

ボールについて

また、ボールは茶色をベースとしており、ラグビーボールより少し小さめです。

でも、大きさの違いは遠目ではほとんどわかりません。

タックルについて

タックルは、ボールを持っていない相手に対してもすることができます。

なので、試合中にあちらこちらで選手がぶつかり合っています。

また、頭で頭を攻撃するのは反則ですが、基本的にどんなタックルでもOKです。

そして、ボールを持っている選手がタックルされると、そこでプレイは一旦終了します。

つまり、「ごつい装備で、茶色いボールを使い、よりワイルドなプレイをしがち」なのがアメフトといえます。

ラグビーとは?

ラグビーはイギリス発祥のスポーツで、1871年にラグビー協会によってルールが明文化されています。

ヨーロッパやイギリスと縁の深い国(オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカなど)で盛んに行われています。

ラグビーではマウスピースの装着はしますが、基本的に防具の着用は認められていません。

ただし、革などでできたヘッドギアの装着は許されています。

ボールについて

ボールは白色を基調としており、アメフトのボールより少し大きめです。

タックルについて

タックルはボールを持っている相手にしかできず、肩から上にタックルすることは禁止されています。

また、タックルの際は両手で相手をしっかりつかまなければなりません。

しかし、タックルで試合が中断されることはありません。

まとめると「生身で、白っぽいボールを使い、タックルされても試合が流れ続ける」のがラグビーということになりますね。

アメフトとラグビーの違い

アメフトとラグビーには、防具やボール、タックルのほかにも下表のように多くの違いがあります。

アメフト ラグビー
試合人数 11人 15人
選手の交代 無制限 7人まで
一度交代したら、試合に戻ることはできない
パスの方法 条件付きで前方にパスできる 前方にパスできない
試合時間 15分×4 45分×2
監督からの指示 選手に指示を送ることができる 選手に指示を送ることはできない

そのほか、ゴールの形や得点方法などに細かな違いがあります。

まとめ

まとめ
  • アメフトは、防具をつけて茶色いボールでプレイする。ボールを持っている人がタックルされるとプレイが中断する。
  • ラグビーは、ほぼ生身のまま白いボールでプレイする。タックルされてもプレイは続行。

細かな違いはありますが、どちらもエキサイティングなスポーツです。

もっと競技人口が増えて、日本でもメジャーになるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。