日本語

芥川賞と直木賞の違いをわかりやすく解説!格上なのはどっち?

芥川賞・直木賞

芥川賞と直木賞。

いつも同じ時期に発表されるので、「何がどう違うのかよくわからない」と思っている人も多いでしょう。

実は、芥川賞と直木賞は創設者が同じで、兄弟のような賞なのです。

そこでこの記事では、芥川賞と直木賞の違い、そして「格」について調べてみました。

芥川賞とは?

芥川賞の正式名称は「芥川龍之介賞」です。

昭和10年(1935年)、当時の文藝春秋社の社長だった菊池寛氏によって、直木賞と同時に創設されました。

芥川龍之介は、文藝春秋の発展に貢献した純文学者の一人です。

菊池寛氏はその功績をたたえ、芥川の名を冠した賞を創設したそうです。

芥川賞は、雑誌に発表された新進作家による純文学の中・短編作品の中から選ばれるとされています。

選考会は毎年7月と1月に行われ、受賞作がないこともあります。

日本文学振興会HP「よくあるご質問」より)

ちなみに、純文学とは文章の美しさなど芸術性に重きを置く文学です。

直木賞とは?

直木賞の正式名称は「直木三十五賞」です。

前述の通り、芥川賞と同時に創設された賞です。

直木三十五も文藝春秋の発展に貢献した小説家の一人ですが、大衆小説を得意とし、脚本家・映画監督でもありました。

直木賞の対象は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)となっています。

選考会は、芥川賞と同じ7月と1月です。

こちらも、受賞作なしになることが、しばしばあります。

日本文学振興会HP「よくあるご質問」より)

芥川賞と直木賞の違い「どっちが格上?」

芥川賞と直木賞では、「選考対象となる作品の分野」「作家のキャリア」「作品の長さ」に違いがあります。

そのため、「どちらが格上」という比較はできません。

また、芥川賞と直木賞のW受賞はできないことになっています。

どちらかの受賞が決まった時点で、他方の受賞対象から外されるというルールがあるからです。

なお、芥川賞も直木賞も、公募の賞ではありません。

候補となるためには、雑誌に掲載、あるいは単行本として発行されなければなりません。

まとめ

まとめ
  • 芥川賞は、新進作家による純文学の中・短編作品の中から選ばれる。作品は、雑誌に掲載されたものに限られる。
  • 直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)の中から選ばれる。

芥川賞と直木賞は、「どちらが格上」という比較はできませんが、いずれも権威のある賞であることには違いがありません。

受賞作品は映画化されているものも多いので、「本はちょっと……」という方は、映像化されたものを楽しむのもいいかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。